さまざまな職種がある

ゲームする人

ゲームが大好きで、いつかゲーム制作に関わってみたいと考えている方は多いでしょう。しかしコンピューター関係のスキルがまったくないため、自分には無理だと諦めている方もいるのではないでしょうか。そんな場合でもゲーム業界に転職することは不可能ではありません。一口にゲーム業界といっても、さまざまな職種があります。中心になるのはプログラミング部隊ですが、デザインやアートワークも重要な仕事ですし、音楽制作やシナリオライティングといった仕事もあります。またパブリッシングや権利関係の管理、営業や総務・経理のような裏方まで含めると、非常に多くの人々がゲーム制作に関与しています。そのすべてが公募されているわけではありませんが、うまく求人を見つけられれば、自分に合った職種に転職できるでしょう。もちろんスキルがなくてもプログラミングの仕事に就くことは可能です。会社によっては未経験者を採用し、一からスキルを教育している場合があります。最近ではソーシャルゲームなどネット系のゲーム業界が慢性的な人材不足の状態にあり、そういった会社では未経験者の採用も多くなると考えられます。転職エージェントを上手に利用して、求人情報をタイムリーに入手することが成功のコツです。ゲームが好きで熱意を持っていることは、何よりのアピールポイントになります。経験がないからといって、諦める必要はありません。

情報の量と質がポイント

ゲームをする人

ゲーム業界の求人情報は一般の情報誌などにも掲載されていますが、情報が古かったり限られていたりして、なかなか希望する仕事が見つからないかもしれません。本気で転職したいなら、ゲーム業界に強い転職エージェントを利用するのが早道といえます。業界に太いパイプを持っているエージェントであれば、最新の求人情報をいち早く紹介してくれます。また場合によっては非公開求人の紹介を受けられることもあります。ゲーム会社との間に人的なネットワークがあれば、面接前後の過程もスムーズに運ぶでしょう。大手の転職エージェントは情報量が多く、いろいろな条件を比較できるというメリットがあります。しかし新興のエージェントでもゲーム業界に精通していれば、希望どおりの職場を見つけられる確率が高くなります。担当者の質によっても成功率は変わるため、複数の転職エージェントに登録して、条件にピッタリの仕事が見つかるまで待つのも一つの方法です。

広告募集中